company

FOUNDERER’S THOUGHT

「近代産業の先駆者として・・・」と。若い私が大きな夢を描いて歩みだしたのが、ポリエチレンがまだ一般的に知られていない昭和26年のことでした。

周囲の人たちからは、未知なるものへの不安から「そんな商売は危険ではないのか」と幾度も忠告も受けました。ただ当時の私は、ポリエチレンに関する資料を集め、それをむさぼり読むうちに、ポリエチレン製品は「社会に必要とされ普及する」と確信を持つようになりました。
そして、昭和27年、僅かな元手でポリエチレン押出機を1台購入したのが東信化学工業の始まりです。

機械を据え付けた感激の次には、製品作りの大きな壁があり、苦難の末に使用に耐えられる「ポリエチレン袋」が完成したときは感無量、表現できない喜びを全身で感じました。この時期があらゆる面で厳しく、まさに寝食を忘れ、昼夜を問わず懸命に働いた記憶だけが残っています。

その後も販売先や製品改良などの数多の苦難がありましたが、ポリエチレン製品の需要拡大に比例するように、東信化学工業の生産量も年々増加し、供給体制を高めるため生産工場の拡充を図り、高度経済成長期を、社員とお客様に支えられて生き抜くことができました。

そんな時代を乗り越えた東信化学工業ですが、時代の流れに合わせて、新製品の研究開発や、生産工場の省力化など、新たな課題を解決するため社員が日々取り組んでいます。また数ある課題の中で最重要なのが「人材」で、会社を発展させるための「源」になる「人材」を大勢育てることにこれからも注力しなければならないと考えています。

私がゼロから始めた東信化学工業ですが、ここまで発展できたのは諸先輩方の蔭ながらのお力添えと従業員一同の協力の賜物であると心底より感謝しております。これからもそのような方々とめぐり逢えることを日々祈っております。

創業者 久野 信雄

沿革

昭和27年 江戸川区にてポリエチレンフィルムの製造販売を始める。
昭和30年 豊島区(現本社所在地)に移転、工場設置
昭和31年 東信化学工業株式会社を設立。
昭和40年 川口工場を設置。資本金300万円に増資。
昭和45年 茨城工場を設置。資本金1,000万円に増資。
同年 本社ビル完成。
同年 関連会社の株式会社マルシンを設立、プラスチック原材料、製品の販売を始める。
昭和47年 資本金2,000万円に増資。
昭和48年 茨城工場に100mm機を新設、本邦初の500μ厚の産業シートの製造を始める。
昭和52年 資本金4,000万円に増資。
昭和62年 茨城工場内にレジ袋専用工場を新設。最新のFA化を駆使した完全自動化のラインが完成。(200トン/月規模で製膜・印刷・製袋・箱詰めまでを7名にて処理)
平成2年 特殊二種二層機を新設。
平成7年 特殊二種二層機を増設。
平成9年 株式会社マルシン 資本金2,000万円に増資。
平成10年 2色印刷付4種混合自動計量インライン長尺巻(70mm)ライン新設。
平成11年 最高速(最高200ショット/分)全自動製袋包装箱詰ライン新設。
平成17年 小判抜き2連製袋機(ファッションバッグ用)2ライン新設。
平成18年 産業用長尺巻(2色印刷機付)フィルム製造装置を新設。
平成25年
  • 代表取締役社長に久野 佳孝が就任
  • HD2色印刷付インフレーション機 1ラインをLL化
平成26年
  • 川口工場・茨城工場を統合
  • 55m/m内面・外面・処理対応フィルム長尺用巻き取機を新設
  • 50m/mインフレーション機 3台
    50m/mネガ用インフレーション機 計4台を川口工場から移設
平成27年
  • 川口事務所を本社に移転
  • オートスタッカー付 2段式製袋機 1300面長製袋機を新設
  • 800巾面長製袋機を新設
平成28年
  • HDインフレーション機・新型巻き取り機を新設
  • 1300巾面長インパレス製袋機を新設
平成30年
  • 40フィートコンテナ荷降ろし対応スロープ、2.5トンフォークリフト導入
  • 4種混合機3機導入
  • 1300面長4軸巻取機導入
  • レジ袋生産から撤退レジ袋用インフレ機を協力会社へ移動
  • オートスタッカー付2段式面長1100製袋機新設
  • オートスタッカー付2列2段式面長1100製袋機新設

contact

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-3918-0550